メールを女性会員と続けるコツ~出会いエージェント

出会いエージェントの調べるによると、出会い系サイトに登録したものはいいが、女性会員とのメールが続かない。というケースが多発しているようだ。掲示板の書き込みや女性のプロフィールを見つけてメールしたものの返事が返ってこない。無視される。確かに凹むかもしれない。

しかし。よくある事だ。

問題はどう対処するか。出会い系サイトの体験談や感想の話をネットの掲示板などで見ていくと、同じく苦労している人はいるが、中にはちゃんとメールを続けている人もいる。同じサイトに登録しているのに一体なぜ無視・シカト対応の人と、ちゃんとメールが続きライン(LINE)などの交換ができる人に別れるのか。

出会い系サイトのメールを続ける上で、登録したのなら気をつけなければいけない点をまとめてみた。

プロフィールや写真から情報を広い話題にする

どうやら出会い系サイトでメールがちゃんと続いてない人はメールの内容は良くない事が多いようだ。

メールの話題はプロフィールや写真の情報を取り入れるとメールが続きやすい。

例えば、出会い系サイトの女性会員のプロフィールに

「映画が好きでディズニー系は必ず見てます」

という内容だったら。当然、映画の話を振ってあげる。それが動物・読書・お店・スポーツ・テレビ・音楽…どのジャンルでもとりあえず話題にしてみる事は、相手にとって好印象を与える事ができる

自分の好きな事について話題を振ってくれてるのは嬉しいものだ。男性でもそういう経験はあるはずだろう。

また、プロフィールの写真に鹿が載っている場合だと、「この鹿は京都でも行った時の?」なんて聞く事ができる。自然に聞く事でわざとらしさを減らす事ができる。小さい部分ではあるが、細部に気持ちは宿るものだ。

無視されても2通目を送らない

次に「追撃メール」とも呼ばれる無視された後の2通目のメールを送らないという事も大事だ。

無視やシカトもただ忙しかったり、別の事に気をとられてたりする場合もある。2通目のメールを送っても大丈夫なのは本当に仲良くなってからがいいだろう。正直な話何度も出会いエージェントもメールを無視されている。

しかし、2通目は送らない。

そもそも。

出会い系サイトの男女間の絆はとてつもなく薄く細い。その関係性で2通目を送られた身にもなるべきだ。しかも優良出会い系サイトは男性の登録者の方が多く、女性はモテモテだ。だから2通目なんて女性に媚びているようなものだ。送るべきではない。我慢も大切だ。

10~20通前後のメールの料金は覚悟する

ケチが嫌われる。

大手の優良出会い系サイト(メルパラ・ワクワク等)のメール代は1通50円。10~20通で500~1000円だ。それくらいのメールの料金は覚悟しよう。じゃないと女性も信用してくれない。

メールが続かない!と出会い系サイトに登録して嘆いている男性は非常に多いが、1通目でラインIDを送りつけたり、2~3通で聞いてしまっている人も多い。だからメールが無視されるのだ。

ラインぐらいいいだろう!って思うかもしれないが、さっきも言ったように出会い系サイトでは女性は本当にモテるのだ。だから5人に一気にメールでラインしよう!と提案されても困るだろう。そんな誰でもかれでもライン(LINE)のおIDを渡していたら危ない事になるかもしれない!と思うのは普通の思考回路だ。

だから信頼貯金だと思ってメールの料金は覚悟するべきだ。

がっつかない

そして、出会い系サイト初心者の男性に多いが、「がっつかない」という所も大事な所だ。

がっつきすぎてしまうと女性はどうしても逃げてしまう。しかしメールをシカトするという意味ではない。興味はあるし口説きたい!と思うけど、媚びるような近づき方をしてはいけないという事だ。出会い系サイトの女性はモテモテだからだんだん調子に乗る。だからそれを全部ひっくるめて理解して、落ち着いてメールを待つのだ。

メールが続くばかりか、がっつかない事でモテる男性のマインドを得る事もできるだろう。

オススメの出会い系サイト情報はコチラ

デジカフェの登録情報はコチラ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です